忍者ブログ

があわいこの文字置場

『特命』

ゴッドフェニックスで無事に別荘へと帰ってきた南部博士だったが、総裁Xの力を目の当たりにしてこれからの戦いが相当困難なものになると考えざるを得なかった。
カッツェの正体を見破ることはできたが、メガザイナーによってジョーの素顔がバレてしまった。
 誰からも連絡が来ないように引っこ抜いておいた電話線を繋げると割れてしまった窓ガラスの修理をまず頼んだ。そしてデスクの上で濡れたままになっていたカッツェの過去を記したノートを乾かしがてらまた見直してみることにした。
 カッツェの生まれ故郷の近くでは本当に核実験などはなかっただろうか?もう少し範囲を広げてもう一度検証してみよう。
総裁Xの力だけでカッツェをミュータントを作りあげることが本当にできたとしても、彼の出生地の近辺を詳しく調べる必要はまだまだありそうだ。

 デスクの中に仕込まれているボタンを押すと奥の壁がスーッとスライドして世界地図が現れた。
パチンとスイッチを入れるとこれまでに叩き潰したギャラクター基地の一つ一つがその地図の上で赤く点滅しはじめた。
博士は2~3歩下がるとその地図をじっと眺めて丹念にチェックしていった。
「ここはヒマラヤ・・。そして・・」
そしてはっと気が付いた。
「ここは・・!?」

博士は急いでもう一度受話器を取るとあのとっておきの男たちに連絡を取った。

「すまないが、二人でクロスカラコルム周辺の探索をしてくれないかね。いや、空からではなく地上からだ。あの付近はいつも霧が深く磁場が強いためにゴッドフェニックスによる上空からの哨戒ができなかったのだ。君たちが健太郎・・いや、隊長と同じように空の男であることは充分承知しているが・・」
 南部博士の遠慮がちな物言いに対して受話器の向こうから正木の力強い声が返ってきた。
「鬼石も私も博士からの指令があるのを今か今かと待っていたのですよ。鬼石はいま、スピーカーホンで博士の命令を聞いて声なき声を上げて喜んでいます。さっそく支度をして行きます。隊長の一周忌までには何かしらの成果を上げたいものです」

南部博士は健太郎が逝ってからもうそんなになるかと思いながら「頼んだぞ」と言葉を掛けて受話器を置いた。

(おわり)
PR

コメント

ブログ内検索

Author

があわいこ
詳しいプロフィールはINDEXのリンクからご覧ください

最新コメント

[10/06 があわいこ]
[11/18 があわいこ]
[09/29 があわいこ]
[11/14 があわいこ]
[04/16 があわいこ]
[04/16 朝倉 淳]
[04/14 があわいこ]
[04/14 があわいこ]
[01/21 があわいこ]
[01/03 があわいこ]

カウンター

P R