忍者ブログ

があわいこの文字置場

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯がゆいコンドル

「ジンペイ!」
めずらしく血相を変えてゴッドフェニックスにジョーが戻ってきた。
「なんだよー、ジョーのアニキ~。あれっ、兄貴は?」
「それが・・。」
ジョーは健とともに怪しい仏像を調べに行っていた。
甚平はジュンとともに山の周囲を探って、少し前にゴッドフェニックスへ戻って来たばかりだった。
「G-4号機にオレを乗せて一緒に来てくれねぇか?」
「一体どうしたっていうんだい?」
甚平はわざとゆっくり言ってみた。
ジョーが焦っているところなんてめったに見られるもんじゃない。
「いーから、早くしろっ!!」
ジョーの顔が仁王様のようになったのがバイザー越しでもわかる。
次は鉄拳が飛んでくること間違いなしだ。
「はいはい。」
忍者隊の身長差コンビはこうしてG-4号機に乗り込むとジョーが戻ってきた道をまた折り返していった。

「わ~、がれきの山じゃないか。なんだい、こりゃ?」
「仏像の残骸だ。恐い顔のな。」
「え~。ジョーの兄貴より怖い顔なのかい?」
甚平のヘルメットの後ろがガゴン!と鳴った。

G-4号機の先からドリルを出してがれきをかき回しながら進むとその前方に鉄格子が現れた。そしてその前で倒れている白い影が見えた。
「健っ!」
「あ、兄貴~。」
身長差コンビはG-4号機から滑り降りるとそっと健に近づいた。
「兄貴、死んじゃったのかな。」
甚平が健の顔を覗き込む。
「息、してるかな。」
「まさか。ガッチャマンは不死身だろ。」
そう言いながらジョーは甚平が思ったよりも健の顔の近くに顔を寄せたので少しいらついた。

「よし、オレがみる。」
甚平の身体をマントごと少し乱暴に健から引き離すと、ジョーは思い切り健の顔に近寄った。
しっかりと目を閉じたままの健は長いまつげも微動だにしていない。
「健・・。」
めったに見れない健の寝顔だ。
ジョーは生死を確かめるふりをしてその唇に自らの唇を近づけようとした。
いや、甚平がいるからそいつは無理だな。
だったら頬が触れるだけでも・・。

と、その時だった。
ジョーのバイザーがガチン!と鳴った。

(う。くそう、邪魔なバードスタイルだぜ。)

歯がゆい思いを残したままジョーは
「よし、ジンペイ。運ぶぞ。」
と、わざといつもよりもっと低い声で言った。
「え~、このままかい?起こせばいいのに。」
「こんなに気持ちよさそうに可愛い顔して眠っているんだぜ。起こしちゃもったいねぇよ。」
「え?」
「あ。いやいや、こういうときこそゆっくりと寝かしておいてやろうぜ。」
「なんかヘンだなぁ。」
こういう時の甚平は「歳不相応」にスルドイ。
「ジンペイ。余計なことを考えずにだな、脚の方を持てよ。」
ジョーは眉間にいつも以上にしわを寄せた。
「はいはい。イッショウノ、メ。」
「だめだ。そいつはイッセイノォ、セだ。」
「それじゃぁ、力が出ないよ。ジョー。」
甚平は健の足首をつかんだまま両手をだらりと下げた。
「くそう、なんでサブリーダーのオレがオマエに合わせなきゃならねぇんだよ。」
「じゃ、さっきのことお姉ちゃんに言ってもいいかい?」
しまった、やっぱり悟られていたか!?
「わ、わかったよ。ジンペイ。まったく子供だと思って油断してたぜ。それ、イッショウノ、メ!」
「意外と重いね、兄貴。」
「あぁ、いつも軽々と跳んでいるのにな。」

G-4号機でほら穴から出るとすでにゴッドフェニックスは仏像を追って飛び立っていた。
重量オーバー気味のG-4号機だったが何とかうまくオートクリッパーにキャッチされた。

健はまだ気絶したまま今度はジョーに背負われて操縦室まで戻ってきた。
「座席に座らせるかい?ジョーの兄貴。」
そう尋ねる甚平にジョーは先ほどとは態度を一変させて健を床に投げ出すように置くと言った。
「へ、面倒くせぇ。そこにこのまま寝かせておこうぜ。じきに目を覚ますだろうよ。」

(おわり)
PR